スモーク除菌とは

AAS成分を微粒子状態のまま煙で周囲に拡散させ、簡易に抗菌・除菌・防カビ・防藻を行います。
実施した場所内に微粒子(粉体)が熱で附着するため、抗菌効果が持続します。

スモーク除菌のメカニズム

(1)燻煙でコーティング
AAS成分が空間の隅々まで付着して膜をつくります。

1年以上効果が持続し、コーティング面にウィルスが触れると不活性化(殺ウィルス化)します! (アルコール消毒は一過性)


(2)菌の細胞内に入り攻撃
AAS成分が菌の細胞膜に浸透し、細胞の発育を阻害してダメージを与えます。


(3)細胞分裂を阻止
細胞の生命維持に必要なタンパク生成を阻害します。それにより、DNAが複製されることを防ぎ、細胞分裂することなく菌が増殖しない。

スモーク除菌例

お気軽にお問い合わせください。03-5830-0171受付時間 9:00 – 18:00 [ 土日・祝日除く ]

お問い合わせはこちら お気軽にお問い合わせください。